困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

マナー

年賀状で手書きとパソコンだったら嬉しいのはどちら?メリットなどご紹介

投稿日:

 

 

そろそろ来年用の年賀状を作らなければいけない時、手書きにしようか?印刷したものにしようか?悩むときありますよね。

年賀状を送られた相手の方にはどちらの方が印象が良いのでしょうか?

もらって嬉しいのは手書きと印刷どちらなのか?ご紹介していきます。

スポンサーリンク

年賀状は手書き派とパソコン印刷派どちらが印象いい?

 

年賀状を作ろうと思った時に、手書きか印刷かどちらにしようかと悩む事ありますよね。

 

子供時代は、お友達に送る年賀状を手書きでされていた方も多いのではないでしょうか?

 

筆者もそうでした。

今の時代は年賀状プリントサービスで手軽に印刷を頼むことができるし、家にプリンターを持っている人も多いため、印刷で済ます方の方が多いでしょう。

 

特に枚数が多い場合は、手書きでやっていると腱鞘炎になりそうなくらい手が疲れるので、印刷で一気に作成した方が楽です。

 

印象が良い方はどちら?となると、手書きの方がウケは良くなります。

 

筆跡診断というものがあるくらい、書いた文字ってその人の個性が詰め込まれているもの。

 

最近は様々なフォントやイラストもあって、それらを見るのも楽しみの一つでもある様に思いますが、印刷したものだけをそのまま送るのは機械的に感じられ味気ないもの。

あまり心がこもっていないように受け取る方もいると思います。

 

全て印刷で済ますのではなく、手書きで一言二言書き加えるだけで印象は随分変わります。

 

手書きの文字だと、その人が頑張って書いたという事と個性が凝縮して入っていており温もりが感じられます。

 

年賀状を送る枚数にもよるので手書きで作るのは大変な場合もありますが、送る方の中でも”特に大切な方”や”良い印象を与えたい”と思う人にだけ手書きで作成すると良い印象を持ってもらいやすいです。

 

印刷派が多数の昨今、年賀はがき表&裏両面とも手書きにすると印象に残りやすいで年賀はがきになりますよ。

 

スポンサーリンク

年賀状手書きの場合のメリットは?

手書き年賀状のメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

近年では、年賀状作成は全て印刷で済ます人も多くなりました。

 

年賀状を印刷で済ます場合のメリットは、

・綺麗に作れる

・何十枚何百枚と一気に作ることができる

・作成に割く時間を短縮できる

作成時間が省けることはありがたいですよね。

 

しかし、新年は沢山年賀状をもらう方も多いので、ただ印刷しているだけだと相手の印象に残りにくいです。

 

手書きの場合のメリットは、

・印象に残りやすい

・個性を感じることができる

・温かみのある年賀状になる

 

印刷された年賀状の中に、手書きで、さらに毛筆で達筆に書いてあるとかなり目を引かれるので相手の印象に残ります。

仮に上手な字じゃなくても人柄を感じることができます。

 

スポンサーリンク

手書き年賀状は貰うと嬉しい?

デジタル化が進んだ近年では、ラインやメールで新年の挨拶を済ます人も多いですよね。(筆者もそのうちの一人…)

 

手軽で便利、邪魔くさい事も省けて良いな~と思う反面、ちょっと寂しく感じることもあります。

携帯電話がなかった時代は友達同士のやり取りでもよく手紙交換をしたもんでした。

「次はどんな手紙が来るのかな~」と楽しみだった事を覚えています。

 

イラストが添えられていると嬉しくなったり、友達が書く可愛い文字を見るのにワクワクしたもんです。

そんなものも今では完全になくなってしまい、いつでもすぐ送って見れるラインやメールに変わりましたよね。

こんな時代だからこそ、手書きの年賀状を貰うと「わざわざ自分の為に書いてくれたのか」と嬉しく感じる人は多いと思います。

小さい子供が頑張って字や絵を書いたものを見ているだけでも「きっと頑張って書いたんだろうなぁ」って情景が頭に浮かんできて微笑ましくなりませんか。

手書き年賀状を貰うと筆者はそれと同じような気持ちになります。

「忙しい中、私の為に書いてくれたのだなぁ…(胸にじ~ん…)」という気持ちですね。

手書き年賀状は「人の心が通う年賀状」だと思います。

もらって嬉しくない人なんてほとんどいないんじゃないかと筆者は思います。

 

まとめ

手書き年賀状は時間と労力がかかりますが、印刷の年賀状が多い世の中では喜ばれるものです。

大切な方にだけでも手書きにすると特別感も出ますね。

是非、心のぬくもりが感じられる年賀状を書かれてみてはいかがでしょうか。

>>年賀状は7日を過ぎると失礼になる?

-マナー
-

Copyright© 猫の手も借りたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.