困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

まとめ

麦茶に関するまとめ記事

投稿日:

 

麦茶に関して色々書いた記事をまとめたページです^^

スポンサーリンク

 

麦茶と牛乳を混ぜるとコーヒー牛乳!なぜコーヒーと似てる?美味しいアレンジをご紹介

 

知っている人は知っている。
時々テレビでも紹介されて驚く方もいるでしょう「麦茶」+「牛乳」で「コーヒー牛乳のような味になる」というこの隠れワザ。
「麦茶」と「コーヒー」って全然違う飲み物なのにどうしてコーヒー牛乳のようになるのか不思議ではないですか?
そもそも本当にコーヒー牛乳みたいになるのか?疑問に迫っていこうと思います >><続きはこちら>

 

麦茶の表面に出てくる膜は何?沈殿物の正体は?腐ったらどんな状態になる?

 

ヤカンで麦茶をわかして作りおきしていたり、コップに入れてしばらく放置していたら、表面に膜のようなものができている事ありませんか?
また膜ではなく沈殿物のような物が底に溜まることもあります。
しかも飲んでしまった後に気づいて「うわ…もしかして腐ってるの飲んじゃった?」なんて心配に思われる方もいるかもしれませんよね。
筆者も同じ経験をしたことがあります。果たしてこれらの正体は何なのでしょうか? >><続きはこちら>

 

猫が麦茶を飲むのは大丈夫?好きな原因は?水をあまり飲まない子もいる

 

飲みかけの麦茶を置いていると、飼っている猫ちゃんが飲みに来ることがありませんか?
実は猫の中には麦茶を好んで飲む子が結構たくさんいるんです!
しかも水よりも麦茶の方をよく飲んでいるなんて面白い子も…(笑)
猫が麦茶を好きだなんてことに驚く方も多いと思います。猫ちゃんは麦茶のどんなどころに惹かれてしまうんでしょうか?>><続きはこちら>

 

麦茶パック保存方法と保存容器で注意すること!見せる収納でおしゃれに

 

買ってきた麦茶パックはどうやって保存していますか?
開封した後に麦茶パックが入ってる袋の開け口を輪ゴムなどでパチンと止めているだけでは良い保存方法とは言えません!
適していない保存方法や、麦茶の風味や味を損なってしまう恐れがあります。
麦茶パックの保存に合った保存容器や保存方法を知って、おいしい麦茶を飲みませんか?>><続きはこちら>

 

麦茶パック賞味期限切れ使っても大丈夫?カビは生えるの?意外な利用方法

 

そういえば麦茶の使いかけのパックあったよな~とキッチンの戸棚の中をごそごそ探してみると保管してる麦茶パックの賞味期限がすでに切れていた…!!なんてことあると思います。
筆者もお茶のパックは「またそのうち使おう」なんて寝かせて置いたら賞味期限めっちゃ過ぎていたことが多々あります汗
お茶の葉っぱだから賞味期限とか大丈夫なんじゃ?と軽く思ってしまいますが、実際はどうなんでしょうか?>><続きはこちら>

 

スポンサーリンク

 

麦茶を入れてる容器に付く白い斑点の正体はカルキ!?カルキ汚れは害があるの?

 

作った麦茶をお茶を入れるポットなどの容器に入れていると白いポツポツした斑点が付くことがあります。
この斑点って擦って落とそうと思ってもなかなか落ちなくて頑固。しかも段々増えてきて余計に気持ち悪くなってきます…。
考えられる原因で一番怪しいのが水道水に含まれている「カルキ」です。
どうしてこんな白い斑点となって汚れになってくるのか?体に害はあるのか?疑問に迫っていきます!>><続きはこちら>

 

自宅で作った麦茶はどうしてまずい?この入れ方で美味しくなる!作り置きは何日まで?

 

夏になるとお家で麦茶を沸かして作る家も増えてくると思います。
筆者もよく自分で沸かして飲んでいましたが、麦茶だけはどうしてなのか美味しくできませんでした。
すぐに濁ってしまって、味もペットボトルの麦茶のように美味しくならないんですよねぇ…
どうしてそんなにまずくなるのか、どうやったら惜しい麦茶が作れるのか調べてみました!>><続きはこちら>

 

麦茶は夏バテに効果絶大?塩や砂糖を入れると熱中症対策に効果あり?

 

年々夏の暑さって過酷になってきてませんか?
昔と比べると暑さの度合いが桁違いになってきてる気がしますが、そんな時に気を付けたいのが熱中症。
熱中症は気を付けなければ死まで至る危険性もあるので、未然に防ぐことが重要です。
熱中症対策のために日常に気軽に取り入れられてなおかつ効果も期待できるものの一つが「麦茶」!麦茶と言えば夏に飲む方が多いですよね?そして麦茶に塩や砂糖を入れて飲む飲み方にも訳がありました。>><続きはこちら>

スポンサーリンク

-まとめ
-

Copyright© 猫の手も借りたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.