困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

ペット

猫トイレを梅雨時期でも快適にする方法!猫砂の湿気対策保管方法と替え時の目安は?

更新日:

梅雨の時期はムシムシと湿度が高く、
猫トイレの匂いが籠ってきたりなど、猫飼いの人にとって悩ましい時期でもあります。

梅雨の時期の猫トイレ
少しでも快適な環境を保てるような方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

猫トイレを梅雨時でも快適にする方法

 

梅雨になると湿度が高くなり、
猫砂も空気中の水分を含んでしまって砂が固まりにくくなったり、
猫トイレの匂いがきつくなったりして人間も猫も不快指数が上がりますね。

また雑菌も発生しやすくなりますので、猫さんへの衛生面としても気になります。

猫って体臭はほとんどありませんが、排せつ物の匂いは凄まじく強烈なんですよね…。

 

湿気対策】

・シリカゲル入りの猫砂を使う

海苔とかお煎餅の袋の中に除湿剤で入ってるシリカゲル
このシリカゲルが入った猫砂が販売されています。
形も様々、石つぶのような形や真ん丸した形のものなど。
湿気を吸い取る効果が他の猫砂に比べダントツで高いのでサラサラを保てて、
また消臭能力も高く、
梅雨独特の猫トイレの籠った匂いも消臭効果もかなり期待できます。

・新聞紙やペットシーツを使う

猫トイレに新聞紙やペットシーツを敷いて湿気を取れるようにします。
下に敷くだけで、猫砂だけをいれてる時より籠った感じが軽減されるようになります。

 

【匂い対策】

・週一程度で猫トイレを中性洗剤で洗う

猫トイレを洗う頻度などは各家庭によって違うと思います。
実は猫砂で吸い取れきれなかった分のおしっこがトイレ自体についてしまい、
そこから雑菌が繁殖して匂いの原因になってしまうことがあります。
梅雨時期は週1程度でこまめに猫トイレを洗うことで匂いをかなり抑えることができます。

・風通しの良いところに猫トイレを置く

普段猫トイレを置いている場所が風通しが悪い場合は、
風遠しの良い場所に猫トイレを置くと匂いなどの発生を抑える事ができます。

・猫砂が入ったままの猫トイレを丸ごと天日干ししてみる

猫トイレを丸ごと洗うよりも手間がかなり省けて楽ちんなこの方法。
トイレを丸ごと洗う時間がないという方におすすめです。
梅雨の晴れ間に太陽の光を浴びせることで、
砂が吸ってしまった湿気も飛んで匂いも抜けます。

 

猫砂を湿気から守る保管方法

 

じめっとしてしまう梅雨の時期
開封済みの猫砂が湿気を吸ってダメージを受けてしまったり、
使用済みの猫砂をゴミの日まで保管しなきゃいけないけど籠った匂いが充満して困るなど保管方法に困る事があります。

 

【開封済みの猫砂の場合】

・乾燥剤を直接袋に入れる

乾燥剤を入れておくことで猫砂が湿気を吸い取ってしまうのを防ぎます。
袋の蓋をきっちりと閉めておくか、密閉できる容器に開封済みの猫砂とシリカゲルを入れます。

・湿気の少ない場所に移動させて保管する

除湿器をセットしている場所に移動させておくなど、
少しでも乾燥してる場所に保管場所を移すだけで猫砂が湿気てしまうことを防げます。

 

【使用済みの猫砂の場合】

・密閉できるタッパー容器などにいれて保管する。

100円均一なで販売されている少し大きめのタッパーに保管しておけば、
匂いが漏れることもありません。
内側の蓋にアルコールスプレーや消臭スプレーを振りかけておくとさらに良いですよ。

・蓋つきのゴミ箱に保管する

先に説明したタッパーのように、これも密閉効果のある蓋つきのゴミ箱を使うことで、
嫌な匂い漏れを防ぐことができます。
保管場所が室内にしかない場合におすすめです。
赤ちゃんのおむつ用ゴミ箱というものもあり、
通常の蓋つきゴミ箱よりも消臭効果が高く、まったく匂いがきになりません。
生ごみの保管にも使えるので一石二鳥!

・消臭効果の高い袋を使う

ペット用やおむつ用の処理の為の消臭効果に優れた袋が販売されています。
普通のビニール袋に比べればお値段は高くなりますが優れモノです。

 

スポンサーリンク

※筆者の家で飼ってる猫さんの場合
おしっこは猫トイレでしますが、うんちはなぜかペットシーツの上でしかしません。
うんちをした後は消臭効果の高い袋でペットシーツごとくるんで蓋つきゴミ箱に保管してますが、ゴミの日までの2~3日間の間は本当に見事匂いません!

 

猫トイレの替え時はいつが目安?

 

猫砂は毎日使っていき減った分を継ぎ足していくのがほとんどかと思いますが、
ある程度経ってくると全取り換えしたほうが良いでしょう。

特に梅雨時期は、匂いもですが固まりも悪くなってくるので、
いつもより早めに全取り換えした方が猫トイレを清潔に保てるようになります。

 

●猫砂の全取り換えの目安

おしっこやうんちをした部分の砂を取り除いてもなんだか匂いが気になるな~…
と思い始めた頃
が交換時期の目安となります。

梅雨の時期は匂いが気になってきそうな一歩手前くらいでこまめに全取り換えするのがおすすめです。

またいつもより全取り換えする回数が増えるので、
猫砂をセットする時は、いつもより少なめに入れておくのが良いでしょう。

また、全取り換えする前から猫砂を継ぎ足すの徐々にやめていくか、
少しだけ継ぎ足すかなど調節しながらすると、猫砂の費用も抑えることができます。

猫さんによっては、全部新しい砂にしてしまうとトレイがしにくいという子もいるようなので、心配な方や神経質な性格の猫さんの場合は、全ての砂を捨てずに、古い砂を少しだけとっておき新しい砂に混ぜて匂いを残しておくと良いでしょう。

 

まとめ

猫はとても綺麗好きな生き物です。

梅雨でジメジメと湿度の高い季節は、猫トイレもいつもよりも匂いやすく、
また猫砂も固まりが悪くなりやすいです。

猫トイレの環境が悪くなると、猫さんの中でも排せつを我慢してしまったり、
別の所で粗相してしまったりする可能性もあります。

今回紹介した方法で、猫も人間も快適な猫トイレを保てる手助けになれば幸いです。

 

こちらの記事の合わせてどうぞ^^

猫ちゃんにおしっこされた場所がわかる意外な方法

困った…(涙)猫が布団に粗相…治らないのは何が原因なのか?

スポンサーリンク

-ペット
-,

Copyright© 猫の手も借りたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.