困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

ペット

猫がかすみ草を食べるけど大丈夫?花や植物を食べさせない対策は?

更新日:

猫と植物

お部屋に花を飾っていたら家にいる猫ちゃんが飼い主が目を離している隙にムシャムシャと花を食べていた!

犯行現場を目撃してしまったときは衝撃ですよね。

沢山あるお花の中でも、特にカスミソウやガーベラの花を食べる猫ちゃんは多くいるようです。

心配になるのが、カスミソウなどの花を食べても猫の体に何か害はないのか?ですよね。

また、花を飾りたいけど今後食べられないようにする為に良い対策方法はあるのかなどについてもお話ししていきます。

スポンサーリンク

猫がかすみ草を食べるけど体に害はあるの?

お花を飾っていると、猫ちゃんが興味津々で鼻を付けて匂いを嗅いでいてり、またはムシャムシャと食べちゃうことがあります。

その中でもカスミ草に惹きつけられ好んで食べる猫ちゃんは多く、美味しそうに食べている姿に戸惑う飼い主さんもいることでしょう。

結論から言うと、猫にとってカスミ草を食べることは安全ではありません。

カスミ草が分類されているナデシコ科の植物は、猫が食べると下痢・嘔吐を引き起こす恐れがあります。

少量程度なら中毒症状が出ない場合もありますが個体差もあるので絶対に大丈夫とは言い切れません。

また、猫は身体が小さいので人間にとっては少量程度だとしても毒の許容量が越えてしまうケースも多く、中毒症状を起こすと最悪死亡してしまうこともあります。

花屋にあるナデシコ科の花
  • カーネーション
  • スプレーカーネーション
  • ナデシコ
  • てまり草
  • シレネ など

カスミソウの他では、ガーベラの花をムシャムシャ食べるケースも多く見られます。

ガーベラは猫が食べても大丈夫とされています。

ガーベラはキク科に分類される植物ですが、キク科の植物の猫にとって害がないものが多くありますが、じゃあキク科の花なら全部大丈夫なのかと言えばそうではなくて、キク科の花でも種類によっては、猫が食べてしまうと中毒を起こす可能性があります。

花屋にあるキク科の花
  • チョコレートコスモス
  • コスモス
  • 矢車草
  • アザミ
  • アゲラタム
  • フジバカマ
  • ルリタマアザミ
  • ソリダコ
  • ジニア など
スポンサーリンク

花屋でよく出回っている猫にとって危険な花

街の花屋さんでよく売られているお花のなかで、猫に危険な種類は次のとおりです。

  • アジサイ
  • アマリリス
  • オシロイバナ
  • ユリ
  • シクラメ
  • ショウブ
  • スズラン
  • ヒヤシンス
  • ポインセチアアネモネ
  • シャクヤク
  • スイセン
  • チューリップ
  • アサガオ

※「球根系の植物は全般的に毒性がある恐れがあるから避けておこう」といった判断も目安のひとつです。

特にユリ科の花は危険です。

ユリの花を入れていた花瓶の水を飲んで中毒を起こした、というケースもあるため、猫ちゃんのいるご家庭でユリ科の花は飾らないのほうがいいですよ。

「安全な花だったら猫に食べさせても大丈夫」と安心して、故意的に猫に花を食べさせるのはおすすめできません。

花屋さんに出回っているお花は、虫や病気にならぬよう綺麗に育てるために沢山の農薬が使われています。

毒性のないお花だとしても殺虫剤や消毒剤が沢山使われているので猫ちゃんにとって危険と言えます。

猫が花を食べるのはなぜ?

猫ちゃんがなぜ花を食べてしまうのか疑問ですよね。

いい匂いに惹きつけられているのか?それとも、色や形に惹きつけれているのか?

理由の定説としてよく言われているのが、「グルーミングでお腹にたまった毛を吐き出すため」です。

毛玉排出の為ということですね。
植物を食べて胃の中を刺激して、溜まってしまった毛玉を吐き出す為の本能が働いていると言われています。
確かに、たま~に草と毛玉が一緒に吐き出されている事があります。

また、植物を食べることで便秘をせずに便と毛玉を一緒に排出できるようにするというものもあります。

もしかしたら植物や花には、好奇心旺盛な猫を惹きつけるようなニオイを出していて、それに反応しているのかもしれませんしね。

よく販売されている猫草と言えばイネ科の植物なんですが、同じイネ科の植物のニオイに惹きつけられているのか麦茶を飲む猫ちゃんもいます。>>猫も好んで麦茶を飲む!?

うちの猫さんも、部屋の中に飾っていた切り花の麦をガジガジと美味しそうに食べていたことがありました。

スポンサーリンク

猫が植物を食べないためにする対策方法は

部屋に飾っている植物を猫が食べてしまわないようにする対策方法を紹介します。

忌避材を使う

猫の嫌いなニオイのするスプレーなどを使って、飾っている花に近寄らせなくします。
ただし、花に直接スプレーを振りかけると、せっかくきれいに咲いた花の花びらに、シミができてしまう可能性もあります。
使うときは試しにちょっとだけ振りかけてみて大丈夫そうなら全体にシュシュっとしてみて下さい。

猫草を使ってターゲットをそらす

猫が好きな猫草を置くようにして、カミカミしてしまうターゲットを逸らす方法です。
しかし、しつこい猫ちゃんの場合は目を離したすきに花を食べてしまう可能性も無きにしも非ず……。
猫によっては万能な対策ではないかもしれません。

猫が届かないような場所に花を飾る

猫がどう頑張っても登れないような場所に花を飾ってしまうのも手段のひとつです。

壁掛けタイプの花瓶を使うのもおすすめ。
飾れる場所の範囲が広がり自由が効くので、これだと猫にかじられる心配もなくなります。
私も、どうしもて花を飾りたいときは、猫さんが絶対に届かない場所に取り付けた壁掛けの花瓶を使っています。
ただし、壁掛けタイプのものは飾れる花の本数が限られるサイズ感が多いため、ゴージャスに花を飾るのには向いていないというデメリットもあります。

さいごに

カスミソウは猫にとって毒性がありますが、ガーベラは猫にとっては毒性なしとされています。
そのほかにも猫にとって安全な花や植物もありますが、ほとんどの場合農薬が散布されているため、食べさせることはおすすめできません。

猫を飼っているお家では大好きな植物や花を食べられてしまうし、猫にとっても危ないからと、花や植物を飾るのを止めたという人もいます。
私の家も、以前はたくさんの植物やお花で溢れていましたがかなり整理しました。
切り花を飾るときは、絶対に猫が登れない場所に置いたりなどの対策をしています。

今回ご紹介した対策方法を試して、猫ちゃんの安全を守るための工夫をしてみてくださいね。

>>猫の粗相した場所がわからない!おしっこ跡を見つけるのはブラックライトが役立つ

>>猫にカフェインは危険!?摂取するとどんな中毒を起こす?

>>防災に猫用の水の備えも。水の種類には注意して!

-ペット
-,

Copyright© 猫の手も借りたい , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.