困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

卒業で渡す花一輪の場合どんな花がいい?値段は?注文するときの注意点は

更新日:

 

春と言えば卒業シーズン、別れの季節ですね。

これまでお世話になった先生や先輩方に感謝の気持ちを込めて一輪の花を贈りたいと思われる方もいることでしょう。

しかし、普段花屋に行くことがない人の場合、「一輪だけお花をプレゼントしたいけど、どんな花がいいのかわからない」とか、「一輪だけ包んでもらう場合、値段ってどのくらいかかるんだろう」とか、いろいろ疑問があると思います。

花屋で働いていた経験がある筆者がそのへんの疑問についての回答や、一輪のみ注文するときのポイントなども合わせて書いていきます('ω')ノ

スポンサーリンク

卒業で渡す花 一輪の場合はどんな花がおすすめ?

卒業の時のプレゼントにお花ってのは定番ですよね。

これまでお世話になった感謝の気持ちを表すには、美しい花はもってこいのアイテムです。

 

だけど、渡すにはどんな花が良いのか?
というかそもそも花の種類あんまり知らないからよくわからん!とか色々あると思います。

私が花屋で働いていた時にもそういうお客さんは多かったし。

 

で、卒業のお祝いや感謝の気持ちを込めて一輪だけお花を渡す場合はどんな花が良いのか?ってところですが

 

 

定番の花だと…

バラ(画像) →大人向けな感じで高級感があり。

カーネーション(画像) →お花の形が真ん丸で大きい為、存在感あり。

ガーベラ(画像) →太陽のような花姿で元気でかわいらしい印象。

 

特にバラとガーベラは、花束やアレンジメントを作るときにメインでよく使う花になります。

 

春の花で定番だと…

チューリップ(画像)

スイートピー(画像)

チューリップやスイートピーは、ちょうど卒業シーズンに出回る春のお花なので季節感があって良いですよ。

スイートピーは、蝶々みたいにヒラヒラした花びらが可憐で可愛らしいですが(しかもいい匂い!)、花の付き方や大きさによっては一本だけだとちょっと寂しい印象になるかもしれないので、その場合は2本くらいにするのがおすすめです。
花言葉も「門出」「優しい思い出」なので卒業の時に渡すにはもってこいかと思いますよ。

 

上記のお花達だと、一輪巻きプレゼントのド定番で、一本のみでも見映え抜群でおすすめ。

 

 

 

では次に、ド定番以外の花でおすすめなのをあげると…

トルコキキョウ(画像)

デンファレ(画像)

ダリア(画像)

 

スプレーバラやスプレーカーネーションも良いんですが、一本巻きで包む場合は、スプレー咲きで枝分かれしていて一つ一つの花が小さいとスカスカ感が目立つことがあって見栄えも劣り気味になることがあるから、私としては一本でもパッと目を惹くようなお花をおすすめします。
(お花によって違うので、全部そうとは言えませんが)

 

トルコキキョウの場合は、枝分かれしているお花になりますが一つ一つの花がとても大きく存在感があり、おまけに茎が長いので途中で切り分けて長さを揃えて束ねることができます。

 

 

 

続いて春の花で定番以外でおすすめなのは…

ラナンキュラス(画像)→問答無用で可愛いし花びらが何枚も重なっているのでゴージャス感あり。花びらがちょっとデリケート。

 

フリージア(画像) →めっちゃいい匂い。ただし花の付き方からして1本だけではちょっと寂しいから2本くらいあると良いと思います。

 

と、ここらへんの花がおすすめです。

色んな花を紹介しましたが、予算の都合もありますよね。

花の値段については次の章で説明していきます!

 

 

スポンサーリンク

卒業で渡すお花一輪の場合値段はいくらかかる?

花のプレゼントにかかる費用を事前に知っておきたい方もいると思います。

けど、花の一本あたりの値段って想像つきにくいですよね?

ちょっと偵察~と花屋を覗いてみても、値札をつけていないところも結構ありますし。

 

おおまかですが先ほどの章でご紹介した花の値段をあげるとすれば

 

バラ 300円~600円

カーネーション  200円~350円

ガーベラ  150円~250円

ダリア  小輪400円~600円、大輪500円~800円

デンファレ  300円~400円

トルコキキョウ 600円~800円

チューリップ 300円~400円

スイートピー 150円~200円

ラナンキュラス 300円~400円

フリージア  150円~200円

 

大体の花屋ではこのくらいの値段で出回っています。

 

花の仕入れ値や時期によって価格は変動するので、ここで紹介した値段より安かったり、逆に高かったりってこともあります。

このへんは野菜と一緒ですね~。

3月は送別会や卒業シーズンなので花の需要が増え価格が高騰しがちです。

花屋さんによっても値段設定が安めの花屋、高い花屋と違ったりもしますし、あくまでも目安として参考にして下さい。

 

あと、お店によってはラッピング代が追加でかかるところもあります。
私がこれまで勤めていた花屋はどこも取っていませんでしたが。

大体、透明ビニール&リボンで50円くらい。
透明ビニール&リボン&カラーペーパーで150円くらいってところでしょうか。

ここら辺はお店によってかなり違います。

 

 

スポンサーリンク

花を一輪のみ注文する時のポイントは

「渡す日が既に決まっている」

「一本巻きが複数欲しい」

「花の種類や色を指定したい」

みたいに、決まっていることがあるなら、事前に花屋に出向くか電話なりして予約しておきましょう。

 

1週間前か最低でも4日前くらいには花屋に相談&予約しておくのがベストです。

 

3月は送別会や卒業シーズンで花屋が忙しくなる時期。

 

当日飛び込みで買いに行くとお店の状況によっては混んでいて待たされる可能性もあります。

 

複数個欲しい場合は、一本ずつ茎の水処理をしてラッピングしていくのって時間がかかるので結構待たなきゃいけなくなることも…。

 

欲しい花や色が、花屋が仕入れてなかったり売切れてしまったりでその時に無い事もあり得るし。

 

事前に予約しておけば、ほぼほぼ待つことなくスムーズに受け渡しができるし、花屋としても時間に合わせて事前に作成しておけるし焦る必要がないので、お客さん側としてもお店側としてもメリットなわけですね。

 

 

それからオーダーする時には、

●予算は?

●渡すのは男性?女性?

●「卒業する先輩に渡したい」「お世話になった先生に渡したい」など、どんなことで使うのかという用途

この3つを店員さんに先に伝えておくと、こちらの意図が伝わりやすくスムーズに注文できます。

ちゃんとしたお店だと、自分から言わなくても店員さんのほうから聞いてくれることがほとんどだと思いますが(;'∀')

一応、花屋に行く前には、このへんを頭の中で整理してまとめておいた方が、いざ花屋に行ったときにきちんと注文することができますよ。

 

 

よければこちらの花束に関する記事も参考にしてみてください^^

>>1000円と2000円の花束の大きさの違いは?花束はいくらから作ってくれる?

>>一輪包みの花束を全部束ねて1つの花束にして持って帰ってもらうのはあり?(卒園式の場合で紹介しています)

 

-
-,

Copyright© 猫の手も借りたい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.