困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

生活

屋根の瓦がはがれた雨漏りの応急処置ブルーシート自分で張るのは危険 室内の対策方法もご紹介

更新日:

 

屋根は家を守ってくれる非常に重要な役割をしています。

しかし、経年劣化で傷んだり、台風や地震など自然災害で損傷を受ける可能性も高い箇所。

特に台風や地震などの災害後は、多くの家が同じような事態になっているので、

瓦屋さんや修理業者は忙しくなりすぐに修理対応してくれない事が多いです。

屋根がダメージを受けると心配なのが雨が降った時の”雨漏り”ですよね。

雨漏りで家の内部まで水が入り込んでしまうと、内部が腐食したりカビが発生したりとても厄介です。

屋根が損傷を受けたままの状態で大丈夫なのか?

何かすぐにでも対策はできないか?と考えますよね。

今回は素人でもできる雨漏り対策をご紹介していきます。

スポンサーリンク

屋根の瓦がはがれた雨漏りの応急処置は

 

屋根の損傷具合はどのくらいでしょうか?

台風で受けた損傷具合によりますが、瓦の下には防水紙が張られています。
仮に防水紙だけになったとしても水は漏れてきません。
瓦にヒビがいったなどの軽度なら、下にある防水紙が無事な可能性もあるので瓦が飛んだとしても当面大丈夫なはず。

屋根がどのくらい壊れたかによって違うので、例えば…の話です(;'')
損傷がひどかったら避けている可能性もありです。

 

素人が屋根の応急措置をするときは、外側からなんとかしようと思っても屋根に上るのはとても危険な行為なのでおすすめしません

かといって放っておいても、家の内部の建材が腐食してしまうとこれまた大変厄介なことになります。

 

もしも屋根裏に登れるようなら、

・天井板に水がしみ込まないようにシートやタオルを敷いておく

・水が漏れているところがわかるならバケツなどで受ける

 

天井板に一旦水がしみ込むと、シミの跡が消えずにずっと汚く残ります。

うちも前に家の天井が水漏れしたんですが、その時のシミが消えずです。

 

スポンサーリンク

雨漏りの応急処置で屋根にブルーシートをかぶせるのは危険

 

屋根の応急処置といえば、真っ先に浮かぶのがブルーシートじゃないですか?

よくニュース映像とかでも見ますし、通りがかりの家でも見ます。

先の章でもお伝えしたように、素人が屋根に上って応急処置することはおすすめできません。

筆者の知人に家のリフォーム会社を経営をしている人がいるんですがその人も
「素人が屋根の上に登ってなんとかしようとするのはやめといた方が良い」と話していました。

 

 

どうしてそんなにおすすめできないのか?というと

 

その一, 慣れない屋根の上での慣れない作業は怪我の元であること。

その二, 損傷を受けて、ずれたり崩れたりしている屋根の上を歩くのは非常に危険であること。

その三, 雨で濡れている場合、足元がとても滑りやすく落下の危険性がかなり高いこと。(屋根の上って思っているよりとても高い!落ちたら大変。骨折する可能性も。)

その四, 間違った応急処置のせいで被害が余計に広がる可能性もあること。

その五, ブルーシートを張ったとしても、固定の仕方に問題があり吹き飛ばされたり、固定に使っていたものが落下したりする可能性があること。

 

と。

 

こんな感じで要約すると、二次災害を起こす危険性があるんですね。

屋根をなんとかしたい気持ちはありますがここはぐっとこらえ自分ができる範囲の処置をしておき、あとはプロがくるまで待つことが先決だと思います。

 

雨漏りの応急処置で室内からできる対策は

 

スポンサーリンク

続いて、室内からできる雨漏りの処置をご紹介します。

 

 

天井の場合

テレビでみる光景でおなじみですが、ポタっと水が落ちてくる場所に狙いを定めてバケツや桶などで受け止めておきます。

バケツの周りは跳ね返りの水で床が濡れるのを防ぐために、

新聞紙orタオルorペットシーツorレジャーシートなどを敷いておきます。
おむつがある家庭は、おむつは広げて置いておくと水を受けるバケツ代わりに使えます。

広範囲でしみ込んできている場合は、天井に押しピンを使ってビニール袋を固定させて水を集めるようにして、水が溜まって一番下に垂れ下がってくる所に穴をあけ、雨水が出来るだけ一ヵ所から落ちるようにする方法がおすすめです。

 

 

サッシ付近の場合

窓枠の方から雨漏りする場合もあります。
水が染みている部分に雑巾やタオルなどを置いて染み込ませて下さい。

 

 

部屋の中からの対策でできることはこのくらい。

できるだけ他の部分が濡れないように水をキャッチすることです。

 

 

まとめ

台風で屋根が損傷した時の雨漏り対策をご紹介しました。

修理してもらえるまで今回ご紹介した方法で応急処置をとってみてくださいね。素人が屋根の上にのぼる行為はおすすめできないので、絶対にやめておきましょう。

>>台風で屋根が壊れたら保険適用になる?

>>台風で屋根瓦が飛び隣家の車を傷つけた場合の損害賠償は

-生活
-, ,

Copyright© 猫の手も借りたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.