困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

年間行事

バレンタイン職場では渡さない?義理チョコは迷惑?廃止にしている所も

投稿日:

 

毎年2月14日が近づいてくると、「職場での義理チョコ、男性社員の為に用意しないとだめなのかな~」なんて
悩む女性は多いもの…。

義理チョコといえど用意するのも面倒だし、金銭的な負担も少なからずかかるのであげたくないと考えている人もいるでしょう。

男性の中でも「義理チョコって迷惑なんだよね」なんて声も表に出てくるようになりました。

職場での義理チョコは渡さないのってありなのか?

義理チョコは迷惑になるのか?についてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

バレンタイン職場では渡さないのはあり?

昔は当たり前のように行われていた、職場での女性社員による義理チョコ配り。

現在でもなんとなく続いている独特の風習ですよね。

 

『休みを取って旅行に行った時に、暗黙のルールで職場用にお土産を買わなきゃいけない』みたいなのと似てます。

 

イベント事が好きだったり、日ごろからの感謝の気持ちを伝える機会と思っている人もいますが、費用も掛かるし、好きでもない人にあげたくないって考える人もいることでしょう。

 

義理チョコを渡してもお返しなどで逆に相手に気を使わせてしまって、なんだか申し訳ないから今年からやめようかな…って悩む人もいます。

 

近年、職場での義理チョコ風習は徐々に変わってきてて、義理チョコは渡さないという女性は増えてきましたね。

 

結論から言えば、自分があげたくないならあげなくていいのです。

 

強制されているわけではないので、「はぁ~嫌だなぁ」って感じるなら用意する必要はありません。

 

「いつもお世話になっている○○さんに渡したいけど、気を使わせてしまうから迷惑かな」と悩む時も、悩むくらいなら渡さないほうがすっきりしませんか。

 

相手に感謝の気持ちを伝えたいなら、バレンタインデーに義理チョコを渡すんじゃなくて、別の日にでもコーヒーやちょっとしたお菓子などの差し入れをして感謝の気持ちを伝えた方が相手もあのバレンタイン特有のお返しに気を使う負担もなくなるし、嬉しいのではないでしょうか。

 

義理チョコを渡さないと仕事の業務や人間関係に影響するような職場だったら、そんな会社は自分の身の為にも早く離れることをおすすめします。

 

生活面や事情も人それぞれあるので簡単に「やめちゃいましょう」とは言えませんが、我慢してその職場にとどまり続ける必要もありません。

 

そんなことでいざこざが起きるような職場環境ではいずれ他でも何らかの問題が勃発するはず…。と思います。

 

スポンサーリンク

職場の義理チョコは迷惑になる?

 

では次に、職場で義理チョコを貰うと迷惑なのか?男性の本音はどうなんでしょうか。

 

婚活総合サービス株式会社IBJ(ホームページ https://www.ibjapan.jp/)が2018年に行ったインターネット調査の結果を参考にすると…

・嬉しい…68.7%

・迷惑 …31.3%

(20歳以上の独身男性1073名対象)

 

嬉しいと答えている男性が約7割もいます。

 

しかし、これが職場での義理チョコとなると話はちょっと別なのか?

上記で参考にしたアンケート結果とはまた違いますが、楽天インサイト(https://insight.rakuten.co.jp/report/20160204/)が行ったバレンタインデーに関する調査によると…

・職場の女性からもらって嬉しいと感じる男性…29.3%

(20代~60代男性500名対象)

 

 

義理チョコは貰うと嬉しいけれど、職場でもらうと面倒と感じる男性が多いんだなと伺えますね。

 

なぜ面倒なのか?の理由は、お返しが面倒というのが一番大きい理由のようです。

『ホワイトデーのお返しは三倍返し』なんていう面倒な意味のわからないルールもありますし(;'∀')

お返しをしなければ、ケチな男性っていうレッテルを張られる可能性もあるし。
ちょっとしたお返しでも、トータルすれば結構いい額になるもんです。

 

既婚男性の場合、ホワイトデーのお返しは妻に頼んでいて、実は奥さんが用意しているところも多いんですよね。

 

男性側が職場での義理チョコはもらっても迷惑だと感じてしまうのも無理はないですね。

 

もしバレンタインデーに義理で何か渡すなら、チョコ以外のお菓子やおかずに合う昆布とか(ちょっとした土産みたいな感覚)で、お返し不要としておくと迷惑になりにくそうです。

 

 

スポンサーリンク

義理チョコは職場で廃止するところも

 

「日本は義理チョコやめよう」

 

2018年2月、日本経済新聞に掲載されたゴディバジャパンの広告で使われたフレーズです。

 

日本独自のバレンタインデー文化。

2月14日当日あちこちの職場で巻き起こる義理チョコばら撒き風習が苦痛・面倒とぼやく女性たちを、チョコレートを販売している側のゴディバも感じていたと。

義理チョコが面倒で楽しくないと感じているなら義理チョコはなくていい。

バレンタインデーは楽しくあるべきだと…!!

 

 

大企業が出したこの広告は多くの人に影響を与え、義理チョコ廃止論もSNSでも話題になったし、近年では上司の一声でとか、女性社員一同で声をあげてとかで、職場での義理チョコは廃止しようという動きも加速しています。

 

今勤めている職場が義理チョコの風習が残っている場合でも、そう短くない未来に、世間的にもう義理チョコという存在自体かなり薄れている可能性は高いと筆者は思います。

 

 

まとめ

チョコレート会社が打ち出した広告の影響もあり、義理チョコを廃止する職場も出てきました。

男性側でも面倒だと感じている人の割合の方が多いということもわかりました。

職場での義理チョコで悩むくらいなら「あげなくていい」でしょう。

 

-年間行事
-

Copyright© 猫の手も借りたい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.