困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

健康

紫外線対策は目も重要!コンタクトの装着だけで大丈夫?目薬も有効

更新日:

近年、地球のオゾン層が破壊され、紫外線の降り注ぐ量が増えてきていると言われています。

暖かくなってくると遊びに出かけたくなりますし、外にいる時間も増えてきますよね。

そうなると気になってくるのが紫外線対策。

真夏で外に数時間いるとあっという間に肌が焼けてしまいます。

お肌は日に焼けると真っ赤になってヒリヒリしたり、真っ黒になってしまったりと、
日焼けの影響が目に見えてわかるのですが、実は目も日焼けってするんです。

しかもお肌を焼きたくないなら目の紫外線ケアもかなり重要なポイントとなってくるってご存知でしたか?

スポンサーリンク

紫外線対策は目も重要!

紫外線の影響で一番気になるのがお肌ですよね。

特に女性は顔の紫外線対策は一番意識しているところだと思います。

しかし、いくらお肌の紫外線対策をしていても目の紫外線対策をしていないと意味がないってご存知でしたか?

目から強い紫外線が入ってくると人間の体の自己防衛機能が働いて、
脳から体に「強い紫外線だ、皮膚を守らないと!」という指令が出され、
その結果、肌に直接紫外線を浴びていなくてもメラニン色素が造られて、
全身の色が黒くなる事が研究の結果で判明しています。

頑張って顔や体のUVケアをしていても、目が無防備だとそのUVケアの効果が発揮されにくいんですね。

『日傘をさして日焼け止めも塗って腕も焼けないように手袋もしているのに、なぜか肌が焼けてしまう…』
という方は、もしかしたら目の紫外線対策をされていなかったからなのかもしれません。

また身体のメラニン生成を促す他にも、白内障や紫外線角膜炎などの病気も起こる可能性があります。

これらの理由から目の紫外線対策は非常に重要な事だといえますね。

また紫外線を浴びることによって目も日焼けします。

目が日焼けしてしまうと黒目の小さな細胞が剥げ落ちて小さな傷が無数に出来てしまい

・痒み
・充血
・目の痛み

などの症状が出てきます。

海水浴などの長時間太陽の下にいることになるアウトドアシーズンは特に注意しなければいけませんね。

 

紫外線対策 目はコンタクトの装着だけで大丈夫?

 

普段コンタクトをされている方ならご存知かもしれませんが、
コンタクトレンズの中にはUVカットのものも数多くあります。

UVカット機能のコンタクトレンズはどこまで効果があるのか?には、

黒目部分や角膜を保護してくれるので一定の効果はありますが、
白目の部分はコンタクトレンズで覆われていない為、紫外線を浴びてしまうことになります。

普段の日常生活の範囲内ではそれなりに効果はありそうですが、
長時間外にいる場合などにはUVカット機能のついたコンタクトレンズのみでは完全に紫外線対策にはならないということになります。

スポンサーリンク

完全に紫外線をカットをしようとなると、眼科のお医者様も推奨されることが多く目全体を保護してくれるのでUVカット機能の施されたサングラスが一番効果的のようです。

サングラスに少し抵抗のある方なら、同じくUVカット機能の施された眼鏡がおすすめです。
注意するのは、眼鏡の場合だと顔とフレームの間の幅が大きくなってしまいその隙間から紫外線が入り込む可能性があるので、
選ばれる際は顔とフレームとの隙間の具合に注意されておいた方がいいです。

『サングラスも眼鏡もしたくないから、目の視度矯正は必要ないけどUVカット機能のコンタクトを使いたい!』というお考えの方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、そもそもコンタクトレンズは目にとって異物となり負担となります。
ドライアイやその他の病気のリスクも増える為、コンタクトを装着する必要のない方はUVカット目的のためにコンタクトをするのはあまりおすすめできません。

 

紫外線対策には目薬も有効

 

いくら目の紫外線対策をしていても、サングラスや眼鏡の隙間から紫外線が入り込んだり、外す際に裸眼になった時に紫外線を浴びる事もあるかと思います。
そう考えると全ての紫外線をカットすることはかなり難しくなります。

多少の紫外線を浴びてしまうことは諦めなければいけませんが、
またそこで重要になってくるのが、紫外線からのダメージを目に蓄積させない事です。

そこで効果的なのがUVケアの目薬。

帰宅後や寝る前に美白用の化粧水を塗ったりなど、お肌のケアをすることは多いと思います。
目にも同じようにUVケア用の目薬で目のケアをすることによって、
紫外線の影響で傷ついてしまった角膜の修復を促進させたり炎症を抑えてくれたりします。

日々、目薬をさすことで目に受けたダメージを軽減してあげることによって眼精疲労や病気のリスクなどを減らすことが出来ます。

 

まとめ

紫外線を浴びることによって身体の中でビタミンDが生成されるので、
ある程度の量は浴びる必要はありますが、しかし目にとっては良い影響はありません。

また日本人は瞳の光彩の色が濃いため、欧米人と比べてまぶしさを感じにくいのだそうです。

そこまでまぶしいと自覚していなくても、多くの紫外線を浴びている可能性が大きいです。

目の紫外線対策は見落としがちな部分ではありますが、
目の健康のためにも注意が必要ですね。

スポンサーリンク

-健康
-,

Copyright© 猫の手も借りたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.