困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

年間行事

ジューンブライドで幸せになれる?実際はどう?結婚式費用は高いのか

更新日:

晴れて彼との結婚が決まったけど、
…さて、結婚式はいつにしようか?

と悩まれてる方もいらっしゃると思います。

女性なら一度は耳にしたことのあるジューンブライド。
6月に結婚した花嫁は幸せになれるという言い伝えです。
「でもこれって本当なの?」と疑問に思われる方もいるかと思います。

スポンサーリンク
  

ジューンブライドは幸せになれるって本当?

ジューンブライドと言われるようになった理由はヨーロッパが始まりで諸説ありです。

・ローマ神話の女神ユノ説
ローマ神話の女神ユノは、女性の結婚や出産や育児を象徴する神様です。
ユノはアルファベットでJunoと書きます。
そして6月を守る、又は表す神様でもあり、その由縁からジューンブライドといわれるようになったというもの。
ちなみにこのユノという女神さまは、ギリシャ神話のヘラという女神と同一視されており、最高神ゼウスの正妻でもあります。

*ギリシャ神話の中でヘラはゼウスの度重なる浮気に頭を悩ませ怒り狂う姿も多く描かれていたりします。
子供も沢山産んでますし浮気相手に復讐もしたり…。正に、、強し。

・ヨーロッパ気候説
ヨーロッパでは6月は一番降水量が少ない時期で天気の良い日が多い為、
多くの人に祝福してもらえ結婚式を挙げるのに好まれたからといもの。
あと、6月は農作業がひと段落する季節だからというものもあります。

日本では、皇太子徳仁親王と雅子さまカップル、秋篠宮と紀子さまカップルも6月に結婚され、
マスコミで“ジューンブライド”と大きく報道されたので、
その時の印象が強くより一層日本人の脳にジューンブライドがより強くインプットされたのかもしれません。

スポンサーリンク

ジューンブライドに実際結婚式を挙げるカップルは多いの?

幸せになれると言われているジューンブライドですが、
ヨーロッパと違い日本では梅雨のシーズンで雨が多く足元も悪くなるし、
結婚式に最適なのか?と言われるとそうでもないですよね。

実際に結婚式を挙げるカップルも6月が最も多いのかというとそのようなことはなく、
日本の気候的に温暖で安定した春や秋(5月、10月、11月)が最も多いそうです。
その中でも、受験や仕事で多忙なイベントがなく参列される方たちの負担になりにくいため特に10月に集中して多いみたいです。
実際に筆者の周りでも10月挙式は多かったですね。
だがジューンブライドの言い伝え効果も未だに残ってる為か、
6月に結婚式を挙げるカップルも多いそうです。

結婚式オフシーズンの真夏や真冬(8月、9月、7月、1月、2月)と比べたら、
挙式を挙げるカップルはそれなりの数は居るというところでしょう。

ジューンブライドの時期の結婚式費用は高い?

先に述べましたように6月は梅雨シーズンで雨が多く、
ジューンブライドの言い伝えを除けばあまり好まれない季節なのは確かなので、
春や秋の人気シーズンに比べると結婚式費用は少し安めに設定されている場合があります。

しかし結婚式場もジューンブライドという格式を保つ為か特別安いという訳でもありません。

式場によってはジューンブライドの時期にお得なプランなどを用意しているところもあるので、費用を少し抑えめに出来ることもあります。

ジューンブライドのジンクスにあやかって挙式を挙げたい!という花嫁さんには、
挙式費用も抑えられて最適かもしれませんね。

まとめ

海外から輸入されてきたジンクスのジューンブライド。

幸せになれるという言い伝えがありますが、
雨の多い日本で6月の時期に結婚式を挙げるのは実際にあまり好まれるものでもないようです。

スポンサーリンク

6月に挙式を挙げるカップルも昔ほど多くないそうですが、
式場によっては特別なプランなども用意されていたりお得な月でもありそうですね。

-年間行事
-,

Copyright© 猫の手も借りたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.