困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

年間行事

母の日に贈る花で人気なのは?カーネーション以外の花や値段は?

投稿日:


5月の第2日曜日は母の日です。
母の日のギフトといえばカーネーションのお花ですよね。
過去に花屋に勤めていた筆者は、母の日は毎年気合を入れてお花を売り出していました!
花屋の店員として見てきた経験から、母の日におすすめのお花をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

母の日に贈る花で人気のものは?

「母の日はお母さんにお花をプレゼントしよう!」と思っても、一口にお花のギフトと言っても様々なものがあります。
「…で、一体どんなものがあって、どんなものが人気なの?」と悩んでおられる方もいる事と思います。
花屋にご来店されるお客様でもそういう点で困っておられる方は沢山いらっしゃいました。
どんな種類のお花を選ぶのかポイントの一つとなるのが、
プレゼントを受け取られるお母さんが植物に対してどのような接し方をする(又は、しそうな)方か?という事です。

・植物が好きで育てるのに興味があったり、マメな性格をしてるお母さん
 →お手入れは必要だけど長く楽しめる鉢花がおすすめです。
  お花好きなお母さんにプレゼントで選ばれる方が多く、母の日ギフトで鉢花は人気でした。
  育てる楽しみもあるし、ずっと記念に残ります。
  花を育てるのが面倒と感じる方にはおすすめはできません…。

・お花や綺麗なものは好きだけど、植物を育てるのは苦手、
 又は忙しくて植物を育てる時間なんてない!というお母さん

 →枯れてしまうけど手間のかからない花束やアレンジメントがおすすめです。
  すぐに枯れてしまいますが、生花を寄せ集めて束ねたあの華やかさはお花のプレゼントとして見映えダントツです!!!
  *花束はお花を生けるための花瓶が必要です。
   花瓶が家に無い場合は、花束を一緒にかわいい花瓶をプレゼントするのもいいですし。
   又、アレンジメントなら、籠や陶器の入れ物などにお水を吸わせた給水スポンジを入れ
   そのスポンジ部分にお花を挿した物なので花瓶は必要ありませんのでお勧めです!
  
・生花は興味なさそうだけど雑貨とか置物は好きそうというお母さん
 →生花に特殊な加工をして半永久的に楽しめるプリザーブドフラワーがおすすめです。
  生花の繊細な美しさは残したまま半永久的に楽しむことができます。
  加工してあるので、お世話は必要ありません。
  ただし湿気や日差しに弱いので、湿気の多い日本では保管に気を付けてあげないと、
  そのうち色あせてくる可能性あり。
  あとは埃にも注意です。埃が溜まってしまうと、
  花びらが破れやすくなってるので溜まってしまった埃を取るのには結構苦労します。
  クリアケースに入って販売されていることがほとんどなので、
  できればクリアケースに入れたまま飾るのが良いです。
  花屋さんによって違うと思いますが、
  母の日特別デザインのピンク色や赤色を基調とした可愛い物が沢山出てきます。
  長く楽しめお手入れも必要のない飛ぶように売れてました。

  
と、ざっとお花のギフトを上げると、
・鉢花
・生花(花束&アレンジメント)
・プリザーブドフラワー
と分類されます。

筆者の働いてた経験からでは、母の日のギフトで一番人気だったのは生花アレンジメントでした。
アレンジメントは花瓶に水を入れて飾るという手間が無くそのまま飾れるという利点があります。
(お花が吸い上げる&蒸発する分のお水は減っていきますので、毎日少しずつ容器から溢れない程度にお水を灌ぐ必要はありますが)
また、可愛い容器だとお花が枯れてしまった後に、その容器だけ残しておいて何か入れて飾ったりなど再利用もできます。

スポンサーリンク

次いで、手間いらず半永久的なプリザーブドフラワー。
鉢花、花束…といった感じでした。
母の日当日近くになるとカーネーション一本をプレゼント包装してる物も沢山出てきますので、そちらもお手ごろで人気でした。

母の日にカーネーション以外の花でおすすめは?

母の日と言えばカーネーションというイメージですが、
花屋ではカーネーション以外のお花も母の日ギフトとして沢山売り出されています。

以下、鉢花となりますが

・アジサイ
 →最近は新しい品種の可愛いアジサイが増えてます。
  ガクアジサイ、てまりアジサイなど。 
  紫色、青色~水色、白色、濃いピンク色~薄ピンク色など色が豊富です。

・クレマチス
 →つる性植物。
 『つる生植物の女王』といわれる程、花が大きくとても美しいです。
 紫色、白色を店頭で多く見かけます。

・ベゴニア
 →多肉質でフリフリの丸っこいお花がとてもかわいらしいです。 
  ピンク色、赤色、黄色、オレンジ色など様々な色があります。

・バラ 
 →誰もが知っているお花界の女王ですね。
  芳香度の高い物も増えてきています。
  切り花としても人気ですが鉢花としても母の日ギフトで人気でした。
  
・胡蝶蘭
 →胡蝶蘭と言えばお店の開店祝いなどでよく見かけますが、
  少し小さめのミディ胡蝶蘭というのもありまして、こちらも母の日ギフトで人気です。

あとは、3号サイズ(直径9センチ程の鉢)苗ポットの植物をバスケットに詰め合わせたフラワーバスケットという物も売りに出されたりしています。
こちらは一つのカゴに3~4種類くらいの植物が入ってるので(バスケットセットを作られる花屋さんによりますが)
お花を育てるのが好きなお母さんには色んな植物が詰められておりすごく喜ばれるかと思います。

花束やアレンジメントで、カーネーション以外の花をメインで作ってもらいたいと考えていらっしゃる場合に注意しておきたいのは、
母の日よりも一か月前くらいの早めの時期に花屋さんに相談しておく事。
母の日に合わせて生花の入荷もカーネーションが大半を占めてしまい、
ぎりぎりに駆け込んでお願いしても自分の希望通り作ってもらうことが叶わない確率が非常に高いです。
また、母の日2週間前くらいには店内は予約のお客様で混んできますので余裕をもっていかれた方がおすすめです。

母の日に送る花の値段や相場はどのくらい?

母の日に送るお花の値段の相場ですが、

・花束やアレンジメントの場合
→それなりの大きさが欲しい場合は3000円~が相場です。
 小ぶりで良いなら1000円2000円~。
 アレンジメントの場合も一緒です。
 ただ入れ物&給水スポンジ代も込みで作るので花束に比べたらお花の量は数本少なくなります。
 店員さんにお願いするときには、『ボリューム良く』や『かわいらしく』『大人っぽく』など、
 こんな風に作ってほしいというイメージを伝えておくと良いですよ。
  

・花鉢の場合
→鉢や花の種類によりますが、大体5号鉢サイズ(直径15センチ程の鉢)で3000円~頃といったところでしょうか。
 カーネーション以外の例で挙げたアジサイなどではもう少し高くなります。
 ミディ胡蝶蘭も物によりますが大体7000円前後くらいでしょうか。

・プリザーブドフラワー
→安い物では1000円~あります。
 大体は4000円くらい~が相場です。
 加工処理されてる分高めです。

まとめ

一年の中でお母さんに感謝の気持ちを表すことができる母の日。

植物の中でも特にお花は一輪飾ってあるだけでも空間がパッと明るくなり、私たち人間に癒しを与えてくれます。

母の日のお花のプレゼントではどんなものが人気か、
またカーネーション以外ではどんなものがあるのかを元花屋の経験からご紹介致しました。

スポンサーリンク

是非、母の日にどんなお花をプレゼントしようかと悩んでおられる方のご参考になれば幸いです。

-年間行事
-,

Copyright© 猫の手も借りたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.