困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

健康

インフルエンザ予防に麦茶は効果期待できる?飲み物で他におすすめなものは何がある?

投稿日:

 

インフルエンザかかりたくないですよね。

周りにインフルエンザ感染者が増えだすと、「もしかしたら自分も…」と不安になって来るものです。

感染しないためには日頃からの予防対策はとても大切。

巷ではいろんなインフルエンザ予防策が出回っていますが、お茶もその一つですよね。

一括りにお茶と言っても、緑茶、ウーロン茶、ほうじ茶などなど、沢山種類がありますが「麦茶もインフル予防になるかな?」と疑問に思う人もいるんじゃないでしょうか。

夏に買ってた麦茶が余っているから、インフルに効果があるのなら消費するのにちょうどいいや~ってなもんですが、果たして麦茶はインフルエンザに予防に効果があるとされているのか?まとめました。

 

スポンサーリンク

インフルエンザ予防に麦茶は効果ある?

インフルエンザ予防にお茶が効果があるって言葉を、どこかで見たり聞いたりしたことがあると思います。

 

お茶だったら日常生活の中に取り入れやすいし、すぐできる方法なのでやってみようかなと思われる人も多いと思います。

インフルエンザに効果があるよ~とされているお茶の中に麦茶も入っているのかというと、残念ながら麦茶は該当しないようでした。

 

インフルエンザに効果があると言われているお茶はカテキンを多く含んでいる緑茶が代表的です。

 

 

緑茶は茶葉から作られていますが、麦茶は大麦から作られているので、そもそも成分が違うんですね。麦茶はお役御免のようです。

 

 

日本カテキン学会というホームページ(http://www.catechin-society.com/effect_02.html)を参考に見てみると…

 

インフルエンザウイルスの表面には粘膜に絡みつくためのギザギザした突起が付いていますが、カテキンはこの突起部分に絡みついて覆いかぶさってギザギザをなくし、インフルエンザウイルスが粘膜に絡みつくのを防ぐんだそうです。
また、インフルエンザウイルスは数種類の型が存在しますが、ウイルスの型違いも関係なく、どのウイルスにも有効に作用するそうです。

 

 

株式会社伊藤園と、静岡県立大学薬学部の山田浩教授、社会福祉法人白十字会・白十字ホームの田熊規方医学博士との共同研究でも、緑茶を毎日飲むことでインフルエンザ予防に有効な可能性が示唆されましたとの結果も出ています。

(参考:伊藤園ホームページ”緑茶摂取によるインフルエンザ予防の可能性を確認”https://www.itoen.co.jp/company/research/result/detail.php?id=21031)

 

最強じゃないですか?カテキンパワーすごいですね。

 

確かにですね、うちの母親は常日頃から緑茶を飲み続けていていますが、風邪やインフルになったところを見たことないです、マジで。
体調崩してるのも数年に一度程度じゃないかな。
緑茶がどこまで効果があるのかははっきりとわかりませんが、母を見ている限り個人的には効果がありそうな気がします。

 

 

スポンサーリンク

 

でも麦茶だって負けていません。

 

麦茶には、抗酸化作用・胃粘膜の保護・血行促進・むくみ防止・美肌効果・虫歯予防などといった効果があるとされています。
麦茶を積極的に飲むことは無駄にならないと思います。ミネラルも含まれていますしね。

 

 

「なんだ麦茶はインフルに効果ないのか」とテンションが下がってしまうかもしれませんが、喉に適度な湿度を与え乾燥を防ぐ為に、毎日こまめに麦茶を飲んで喉の潤いを保つこと自体は風邪やインフルエンザ予防に有効と言えます。

 

 

インフルエンザウイルスが喉の粘膜にくっついた後、約20分かけて体内に侵入するといわれています。
なので、こまめに麦茶を飲んで喉についたウイルスを流し落とせば感染を防げる可能性は高くなるわけですね。

 

まあ、あくまでも理論上だし、20分毎って結構頻繁に飲まなきゃいけないから大変ですよね。

仕事中や出先だとなかなか難しい時も多いはず。

なので、出来そうな時だけ20分を目安にちょこちょこ飲むようにしておき、外出時や仕事中で20分毎に水分補給が難しい時は、マスク着用を併用しつつ、隙をみてこまめに水分補給していくのが良さそうです。

 

 

インフルエンザ予防にいい飲み物、ほかには何がある?

麦茶にはインフルエンザウイルスには効果なし、効果があるのは緑茶だよということが判明したわけですが、緑茶のほかにはどんなお茶がインフル予防効果があるんでしょうか。

 

緑茶と同じようにカテキンが含まれているお茶は、

・番茶
・玉露
・烏龍茶
・ほうじ茶
・紅茶

があげられます。

全部チャノキの葉や茎から作られるものです。

カテキン含有量が多いのは、1位 緑茶(煎茶)約12%、2位 番茶 約10%、3位 玉露 約9%、4位 烏龍茶 約7% …… という順番。

緑茶が苦手なら、番茶か玉露あたりを飲んでおけばそれなりにカテキンは取り入れられそうです。

 

発酵させている茶葉ほどカテキン含有量が減少するみたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

しかし、発酵させている茶葉の紅茶はカテキン含有量2%とかなり低いものの、インフルエンザ予防効果が高いとの研究報告があります。

 

しかも緑茶よりも、インフル予防効果・感染阻止率が高いという実験結果も報告されているんですね。

 

三井農林株式会社の研究結果によると、紅茶に含まれる特有の成分”紅茶ポリフェノール”がウイルスのギザギザをとらえる力が強くなる為、ウイルスを無力化させる作用が高まり、感染阻止率は緑茶97.6%に対し、紅茶99.96%と、緑茶を上回る結果になったようです。

 

しかも紅茶を飲んでから5秒ほどでウイルスを無力化させるとのこと。
紅茶の作用によって無力化したウイルスは復活することもないとされています。

 

緑茶もスゴイけど紅茶はもっと凄かった。

 

インフルエンザに効果的なのは今のところ紅茶と緑茶が最強ですね。

 

紅茶や緑茶をベースに、たまに気分転換に麦茶もはさみつつ水分補給をこまめにするって感じで、インフルエンザ流行を乗り越えていくのがよさそうですね。

 

 

>>冬でも麦茶は美味しく飲める!効能もすごいよ

>>麦茶と牛乳で疑似コーヒー牛乳ができる!

 

 

 

-健康
-,

Copyright© 猫の手も借りたい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.