困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

健康

花粉症で鼻血が止まらない!鼻かみすぎやくしゃみで出る?対策方法はある?

投稿日:

 

花粉症の人は、花粉飛散時期の間はくしゃみ鼻水が止まらなくて大変なことになりますよね。

鼻水がたまってきたな~と思ってブーっ!!と鼻をかんだ時や、はあああくっしょん!とくしゃみをすると鼻血が出る時ってありませんか?

鼻をかんだ時にティッシュに少量だけ血がつくこともあれば、そのまま数分ほどだらだらと止まらなかったり。

これが毎日続くと、家にいるときはまだいいけど、外にいるときに鼻血が出ると対処に困るし人目も気になりますよね。
服も汚れる可能性もあるし困ったもの。
自分自身も血を見ると不安を感じると思います。

「花粉症で鼻血が出てしまうのはなぜ?」「鼻を強くかみ過ぎたりくしゃみをしているせい?」「鼻血がでないようにするにはどんな対策がある?」についてまとめました!

 

スポンサーリンク

花粉症で鼻血が止まらないのはなぜ?

花粉症の時期になると鼻血がよく出るという方はいます。

私もアレルギー性鼻炎持ちで春と秋の花粉飛散時期は、鼻をかむとティッシュに血がついていたり、鼻水と一緒に混じって出てくることが多くなりますが、見てて気分のいいものじゃないですよね(;´`)

 

鼻血が止まらなくなるのはどうしてなのか?

アレルギー物質が入り込みやすく花粉の影響を直に受けるのが目や鼻。

 

鼻の入り口から少し奥の場所に”キーゼルバッハ”という毛細血管が豊富な微小毛細血管が無数に走っている部位があります。
鼻の粘膜に花粉が付着することで体の免疫機能が働き、この粘膜が腫れて炎症を起こします。

 

炎症を起こしているということは粘膜の細い血管が切れやすくなっているということ。

 

傷の程度によって、鼻血がドッと出できたり止まらなかったりすることもあれば、薄っすら血が付く程度で出ることもあります。

 

 

あまり人様に話すような話ではありませんが、私も一時期頻繁に鼻血が混じって出てくる事があったので、鼻の中の様子を確認して見てみたくなって鏡を下にして鼻の中をまじまじと覗いてみたんですが(すごく滑稽な風景)
奥が真っ赤に腫れ上がってて穴が塞がってました。
これだと鼻詰まりもするよなぁというくらい腫れてたので思わず「おぉ…」と思ってしまったことがあります。

たぶん花粉症シーズンで鼻血が出ている人も、鼻の中の粘膜は自分が思っている以上に腫れている可能性あるんじゃないかと思います。
一度覗いてみてくだs…。。(笑)

 

また、大人の鼻血が出る原因の一つに”空気の乾燥”もあります。
大人で鼻血の症状が起きやすいのは、花粉シーズンで湿度が低く気温の変化が大きい3月~4月、空気が乾燥している12月が一番多いようです。

鼻の中は、粘膜でできており細かい血管がたくさんあるので非常にデリケートで出血しやすい箇所と言えます。
通常時でも強く触る事を繰り返しているとそれだけで簡単に傷ついてしまいます。

 

スポンサーリンク

花粉症鼻かみすぎも鼻血が出る原因?

花粉症症状で鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの症状に悩まされている時は、頻繁に鼻をかんだり、立て続けにくしゃみをしたり、鼻詰まりが気になってこすったりなど、どうしても鼻に刺激を与える回数が増えてきます。

 

先の章でも述べたように、花粉症の時期は鼻の中の粘膜は炎症を起こしている状態なのでほんのちょっとしたことでも血管が切れやすくなっているので、一日に何度も刺激を与えているとそれほど出血のリスクは高まります。

 

なので、鼻のかみ過ぎが原因で鼻血が出ている可能性も大いに考えられます。

 

一旦出血が止まっても、またブー!と強く鼻をかんだり、気になるから鼻をこすったりしていると再び出血することも多し。

 

鼻の入り口付近(キーゼルバッハ)からの出血の場合は、出血しやすい反面、止めやすいというのも特徴。

鼻をよくかむ、よくいじることが原因と考えられる場合は、この習慣や癖を見直すことで鼻血が出る頻度が抑えられる可能性があります。

 

 

スポンサーリンク

花粉症で鼻血が出ないようにする対策

家の中ならまだ順応に対処できますが、外に出ている時に頻繁に鼻血が出るようだと社会生活に支障が出てくるので対策が必要ですよね。

 

 

◆鼻血が出た時の対処方法

頭のほうを高くするために椅子などに座ったりして、鼻の入り口の小鼻を指でつまみ強く圧迫。
ティシュを鼻の中に詰めるのは、粘膜がさらに傷つく可能性があるので小鼻をつまむのがいいですよ。

保冷剤や氷などの冷たいものがある時は、それをハンカチでくるんで鼻の付け根らへんを冷やすのも効果的です。

 

 

◆花粉症シーズンに鼻血を出さないための対策方法

自分で日常的にできる対策としたら、鼻をかむときに強くかまないようにするとか、鼻を触りすぎないようにするとかですね。
あとティッシュで鼻の奥までほじくらないとか。

鼻の中が乾燥しているとかさぶたが作られて余計に炎症を起こしやすくなります。
鼻の中にワセリンを塗って保湿したり、濡れマスクなどのグッズを使って鼻の中が乾燥しないように気を付ける方法もあります。

ワセリンは花粉をブロックさせる効果もあるとされているので一石二鳥。

 

しかし、一番良いのは、耳鼻科や内科に行き、花粉症による鼻の辛い症状を抑えることが根本的な解決になります。

鼻水を止める、鼻詰まりを解消する、くしゃみを止める、炎症をやらわげる事で、鼻に刺激を与える回数も格段に減りますよね。

薬を飲んでも改善しないとか、忙しいから病院通いはできないという場合は、もっともっと根本的な解決方法「鼻のレーザー治療」で鼻の中を焼灼する選択肢もあります。

鼻粘膜表面をレーザーで薄く焼くことで、アレルギー物質が付着しても症状が出にくくなるというもの。
「まじで一気に治ったからおすすめよ」と言われたことはありますが、私はまだ勇気が出ません(;´`)

治療時間もかからないし鼻づまりも解消するので、一気に解消したいと思う勇気のある方は一度耳鼻科に相談されてみてもいいと思います。

 

ただ鼻血が出る原因がすべて花粉症のせいとは言えないので、鼻血がいつまでたっても止まらないとか、大量に出血するなど、ちょっとでもおかしい様子があるなら、専門的な処置が必要な可能性もあるのですぐに病院で診察してもらうようにしてくださいね。

 

花粉症関連の記事は良ければこちらも参考にしてみてください。

>>花粉症で鼻の下がガサガサに荒れる…綺麗にファンデーションが濡れない時の対策

>>花粉症でマスク着用してたらニキビや吹き出物が、、ケアや対策方法は何がある?

 

-健康
-

Copyright© 猫の手も借りたい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.