困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

健康

花粉症は1月なのに発症する?症状はどんなの?対策は何ができる?

更新日:

 

くしゃみ、鼻がムズムズ、目のかゆみ、頭がぼーっとする不快感…

毎年花粉症に悩まされているけど、今ってまだ1月だよ!

まだ寒いしちょっと早い気がするけれど、1月でももう花粉が飛んでるんでしょうか?

1月に出てくる花粉症の症状はどんなものがあるのか?などなど

ここらへんの疑問についてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

花粉症はまだ1月なのに出てくるの?

鼻がムズムズしてくしゃみ鼻水が止まらない。
おまけに鼻も詰まるから自然と口呼吸になって喉もやられてしまう。
目も痒くなるし、鼻のかみすぎで鼻周り荒れるし、不快感半端ないですよね。

 

私もアレルギー体質なので花粉症の辛さ、わかります、、( ノД`)

 

まだ1月で寒いのに、冬のこんな時期でも花粉が飛んでるのか?と疑問に思いますが、実は一年中なんらかの植物の花粉は飛んでいるんですよね。

 

秋の花粉症を引き起こす原因の植物で有名なイネ科の花粉はほぼ一年中飛んでいます。
スギやヒノキのように遠くまで飛びませんが。

ここらへんはこちらの記事に書いているのでもし良ければ目を通してみてください。

 

で!

春の花粉症の原因として有名なのは主にスギとヒノキが代表としてあげられます。

他にはハンノキ、シラカンバといった植物が春の花粉症を引き起こす植物です。

 

【花粉飛散が多い時期】

スギ…2月~4月頃

ヒノキ…3月後半~4月頃

ハンノキ…2月~5月頃

シラカンバ…5月~6月頃

 

1月ってこれらの植物の花粉飛散時期としてはまだ早いように思うかもしれませんが、スギとハンノキは既に1月から花粉を飛ばして始めています

 

年によっては10月~12月の間でもスギ花粉の飛散が観測されることもあるんだそうな。ひえ~…。

 

空中に飛散している花粉の数を計測する花粉補集器は、花粉の数がかなり増えてからはないと計測できないようなので、「今年のスギ花粉の飛散が観測されました」とニュースなどで発表される前の時点からそれなりの花粉量がもう既に飛んでいると推測できます。

 

花粉飛散量ピークの時に比べれば1月はまだ少ないほうですが反応する人は反応します。

 

というか、これを書いている私も、2019年1月7日時点で、もうすでに花粉症の症状っぽいものが出てきています。

 

環境省や天気予報サイトを調べてみても、まだ現在の花粉飛散状況が更新されていなくてわからなかったんですが、Twitterでは同じような人が沢山いました。

 

これはもう既にスギかハンノキの花粉飛んでるでしょって思っちゃいます。

 

スポンサーリンク

花粉症1月に発症するときの症状は

1月に花粉症になった時に現れる症状は、2月~3月の春の花粉症で出てくる症状と同じです。

 

・くしゃみ

・鼻水(サラサラしてる)

・咳

・頭痛

・目のかゆみ

・喉の不快感(イガイガする)

・微熱

 

1月のこの時期は風邪を引きやすいシーズンでもあるし、インフルエンザもまだまだ流行っている時期だから、花粉症なのか?風邪なのか?判断しにくい事がありますが、風邪と花粉症の症状って似てるようで微妙に違います。

 

・高熱 ・喉の腫れ、痛み ・鼻水がねばねばする、などの症状があるなら風邪の可能性が高い。

・筋肉痛 ・関節痛 ・38度以上の高熱、などの症状がある場合はインフルエンザの可能性もあるでしょう。

 

花粉症の場合は、・鼻水は透明でサラサラ ・鼻づまりが数日間続く ・くしゃみが何度も出る など同じ症状が3日以上続くことが特徴です。

 

あと、目のかゆみだけでなく、顔の肌が痒くなったり荒れたりすることも特徴の一つにあります。

 

あまりにも症状が辛い場合は医療機関に行って医師の診察を受けてくださいね。

 

スポンサーリンク

花粉症1月の時にできる対策は

 

1月で既に花粉症の症状がある時に自分でできる対策をご紹介します。

 

 

●マスクや眼鏡を付ける

THE・花粉対策の王道。
今更何を言ってやがるんだってお思いでしょう。
けれど、花粉対策にはやはり欠かせないアイテムなんですよね。

環境省の花粉症環境保健マニュアルによれば、マスクを着用しておけば花粉を吸い込む量は1/3~1/6に減らせるとのこと。
おまけに喉の粘膜保護にもなりますよね。

眼鏡の着用も、通常の眼鏡をかけているだけでも目に入ってくる花粉を約40%カット、花粉対策専用眼鏡で約65%カットできるようです。

花粉カット専用眼鏡は、フレームと顔の間の隙間がなくなるから、高い効果が望めそうですね。


メイガン(Meigan) 目立たない 曇らない おしゃれ な 花粉 メガネ ブラウン レギュラー 8703-02

 

マスクも顔にフィットさせて、なるべく隙間ができないようにフィットさせることが大切。
たまにいませんか?マスクから鼻や顎が出ている人。あれだと花粉はきちんと防げないので、顔にフィットさせるものを選んでつけましょう。

 

 

 

●ウール素材の服は避ける

ウール素材の衣類は花粉が付着しやすく、屋内に花粉を持ち込みやすくなります。
家の中に花粉を持ち込んでしまうと厄介なんですよね。
なので、まずはできるだけ綿や化学繊維で作られた服を選んで着用するのがおすすめ。
かといって全身ウール素材の服を避けるなんて難しいと思うので、外側に着る服のみウール素材を避けるようにするのがいいです。

 

 

 

●帽子をかぶる、手袋をつける

外出先で一番露出している部分って顔と頭と手ですよね。
マスクや眼鏡で顔はガードしてても、頭と手って意外と忘れがちな部分。
帽子や手袋をしてガードしておけば花粉の付着量を減らすことができます。

 

 

●帰宅後にはうがいと洗顔をする

外を出歩いたあとは花粉が顔に付着しています。
喉に流れ込んだ花粉はうがいで洗い流し、顔についた花粉は洗顔で洗い流しましょう。
物理的に排除です。
できればですが、鼻うがいも一緒に行うのをおすすめします。
私はたまに鼻うがいをしますが、きちんとした生理食塩水を作って行えば痛くないし、鼻に入り込んだアレルゲンや鼻水を洗い流すことができるのでめちゃくちゃスッキリしますよ。

 

 

●体の免疫力を下げないようにする

まだまだ寒い1月は体の免疫力が下がりがちになりますよね。
免疫機能が下がってしまうと、花粉症の症状が酷くなったり、風邪などを併発してしまう可能性もあります。

身体のバランスを崩さないように、規則正しい生活&栄養バランスのとれた食事&睡眠をしっかりとるようにしておくのも大切なことです。

 

 

●部屋の掃除はこまめにする

部屋の掃除もこまめに行うようにしておきましょう。
床掃除は掃除機かけ+濡れ雑巾やモップなどでふき取って。
部屋の喚起も大切ですが、喚起を行う時は、窓は10㎝くらいの幅で開けるようにし、なおかつレースカーテンをした状態で換気を行うことで花粉の侵入が減らせます。
カーテンは定期的に洗濯することも忘れずに。

 

 

まとめ

1月の時点で、もう既に春の花粉症で代表的なスギやハンノキの花粉は飛散しています。
花粉飛散ピークの本番に備えて、症状がもっと酷くなる前に花粉症対策をしておくことをおすすめします!花粉症にとって、これからの時期が辛いですが、頑張って乗り越えていきましょうね(´;ω;`)

 

>>マスクをしてると肌荒れや吹き出物の原因になる!?対策やケアの仕方は

>>花粉症対策に良い食べ物は?ヨーグルトは花粉症に効くの?

>>花粉症は肌荒れにも注意!!

 

 

-健康
-

Copyright© 猫の手も借りたい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.