困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

ペット

猫のフードの選び方は?与え方のコツとフードを吐く場合の対処法

投稿日:

近年はペットブームもあり、様々な猫用フードが売られています。

猫の飼育が初めての方や、これから飼い始めようとされている方は、
猫に何をどのように与えたら良いのか悩むかもしれませんね。

フードの選び方や与え方のコツをご紹介していきます。

スポンサーリンク
  

猫のフードの選び方は?

猫用フードには、

・ドライタイプ
・ウェットタイプ

の2種類があります。

そしてさらに

・総合栄養食
・一般食

の2種類に分類されます。

総合栄養食とは…
猫が必要とするミネラルなどの栄養素を全て含むフードとなります。
総合栄養食と水だけで健康体でいられるように作られています。

一般食とは…
人間で例えるならおかずのようなものとなります。
これだけでは猫にとって必要な栄養素が十分に取れず栄養不足になってしまいます。

フードを選ぶときはこの点に注意しましょう。

総合栄養食のものをベースに、一般食はいつもの食事のアクセントのような感じであげたりするといいですね。

総合栄養食はドライタイプの物が多いです。
またコスト的にもドライタイプの方が安くなるので、
常食にするなら栄養面でもコスト面でもドライフードの方がおすすめです。
しかしドライタイプは水分含有量が非常に少ないです。

一般食はウェットタイプのものに多いです。
猫本来の元々の食生活からすると生肉の感覚にも近くて水分量が多いウェットタイプの方が適していると言えます。
またウェットフードの方がカロリー量が少なくて、
お腹がいっぱいになりやすいのでダイエットにも向いています。
ウェットタイプは得に、しっかりしたメーカーの物を選ばないと添加物や粗悪な材料が使用されている事が多いので、
あまり安すぎるものはおすすめできません。
嗜好性が強いので食欲がない時などにあげたりするのにもいいです。

またペットフードには国産と海外の物があります。
国産のほうがなんだか安心できそうって思うのですが、
ペットフードに関しては海外の方が日本よりも進んでおり検査基準が高く(特にイギリス)
海外のフードの方が安心して与えられると思います。
抗生物質とか遺伝子組み換え飼料の使用などが厳しく規制されていたり、
人間が食べれる基準の材料を使っていたりと、猫にも安心してあげれるものを作っているところが多いです。

ペットフードの検査基準が高く、動物愛護の先進国としては、
アメリカ・カナダ・ドイツ・フランス・イギリス・オーストラリア
があげられます。

ペットショップで店員さんからも聞いたことがありますが、
国産のペットフードの中には、きちんと検査もせずどこまで安全なのかわからないまま出している物もあるらしい…

スポンサーリンク

値段は少し高めになりますが、安心できるものをあげたいと思うなら、
海外のキャットフードを選ぶのがおすすめです。

またベースになる素材として、チキンや魚などフードによって違いますが、
おすすめはチキンです。
猫は元々砂漠地帯の生き物でネズミやウサギなどの獣を食べていました。
本来の食事に近いという事でもチキンが一番おすすめです。

猫のフードの与え方はどうしたらいい?

猫の個体差もあると思いますので、最初は猫の食いつき加減などを見て分量を調節していくのが良いです。

朝晩と決まった時間にあげれるならそのタイミングで。
決まった時間にあげれないなら置き餌にしても問題はありません。
置き餌の場合は、ずっと出しっぱなしになるので湿気や劣化に注意が必要です。

また猫の味覚は6ヶ月くらいで決まるといわれていますが、
その時期までにあまりにもウェットフードばかり与えていると、ウェットフードは嗜好性が高いので、
大きくなってからドライフードを食べてくれなくなる可能性があります。
将来、病気をしてドライタイプの療養食をあげないといけない時に食べてくれないと困るので、小さいころからドライフードをあげるようにしておかれたほうがおすすめです。

ずっと同じフードだけ与え続けると食物アレルギーになったりする猫も居るので、
味を変え猫さんにも食事を楽しんでもらえるようにするという意味も含め、
何種類かのフードをローテーションであげていくと良いと思います。

猫がフードを吐く場合

猫によっては食べたフードを吐いてしまう子もいます。

お腹が空いてて急いでがっついて勢いよく食べた時にそうなる事が多いですが、他に理由が考えられる場合もあります。

中には特定のフードを食べたら吐いてしまう子もいるようなので、
吐くのがあまりにも続くようだったら一旦別のフードに切り替えて様子を見てみるのがいいかもしれません。

あとは、フードの保存方法にも問題があるかもしれません。

・賞味期限は過ぎてないか?
・フードの袋の蓋はきちんとしまってるか?
・湿気でフードが痛んでないか?

などをチェックしてみましょう。
湿気予防には、乾燥剤などを使用してジップロックに保存しておくのがおすすめです。

『ゲッコ!ゲッコ!』と吐くところを目撃してしまうとめちゃくちゃ心配になりますが、
猫が食べたものを吐いてしまうことは、そこまで珍しい事でもありません。

毎回食べたものを全部吐いてしまう場合は動物病院で獣医師さんに診てもらう方が良いですが、

たまに吐く程度なら様子を見ながら対処方法を探してみましょう。

まとめ

猫用フードも本当に色んな種類が出ています。

筆者も、ローテーションで何種類かのキャットフードを我が家の猫さんにあげており、
毎回食いつきや、その時の健康状態をチェックしています。

猫の体を作る源になるキャットフード。

スポンサーリンク

良いと思えるものを選んで、健康で長生きしてもらいましょうね^^

-ペット
-,

Copyright© 猫の手も借りたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.