困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

健康

風邪ひき始めお風呂はダメ?熱い風呂も?風邪悪化させない為に気を付けること

投稿日:

 

喉がちょっと痛くて、関節痛の手前みたいな感じがする…
寒気もちょっとあるし、なんだか全身に違和感が…

いつもと違う体の調子に風邪の引き始めを感じる事ありますよね。

こんな時は早く家に帰って休むのが一番ですが、一日の汗を流すためにお風呂は入っておきたいときもあります。

でも風邪の時はお風呂に入ったらだめ!って聞いたことありませんか?
なぜ入ったらダメなのか?ほんとうにお風呂に入ったらだめなのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

風邪ひき始めはお風呂に入らない方がいい?

 

昔、お医者さんや親、周りの人たちに「風邪の時はお風呂に入ったらダメだよ」といわれたことがある人って結構いるんじゃないでしょうか?

 

なぜお風呂に入ったらダメなのかというと、考えればわかる通り、”お風呂上りに湯冷めして余計に悪化させることにつながるから”

 

しかし、これが通用していたのもひと昔前の事です。

 

昔は家にお風呂がないところも多く、あったとしても母屋の外にお風呂があったり、昔の日本の家は隙間も多く隙間風が入り込んだりしていたんですね。

筆者の田舎のおじいちゃんの家では、外にお風呂があったため、冬は本当に寒かったものです(;´`)

この為、お風呂に入っても湯冷めしてしまう可能性が非常に高く、風邪が悪化する可能性があったので、「風邪の時はお風呂に入ったらだめ!」と言われてきました。

 

現代ではほとんどの家庭にお風呂はついており、建物自体も気密性防寒性に優れていますよね。

なので現代では風邪の引き始めでもお風呂に入っても大丈夫といえます。

 

しかし、湯冷めにはくれぐれも注意!

 

筆者も風邪で病院に行ったときにお医者さんに「お風呂入ってもいいけど、湯冷めしないようにしてね」と言われました。

 

お風呂に入るときはシャワーで済ますのではなく、お湯を溜めた湯舟に浸かって身体を温めて下さいね。

 

ササっとシャワーだけだと、身体が冷えてしまう可能性があります。

 

既に熱が上がってしまっている時も注意です。

 

38度以上の高熱があるときのお風呂は体力を予想以上に消耗するので、熱が下がってから入るようにしましょう。

スポンサーリンク

風邪ひき始めの熱い風呂は?

 

湯舟に溜めるお湯の温度はどのくらいがいいんでしょうか?

熱いお風呂に入った方が、すぐにぬくもりそうな気もしますよね。

 

風邪の引き始めは熱いお風呂に入ってバーっと汗を流して治すようにしてる!なんて方も中にはいたりするんですが…

 

身体に負担がかかってしまう可能性があるので極端に熱いお湯はおすすめしません。

特に、喉が腫れて痛いとか、あまりにもしんどい場合は避けた方がいいです。

 

健康体の時に熱い湯舟に浸かるとわかりますが、熱いお湯に浸かるのって体に負担がかかります。

 

 

風邪の引き始めの時に浸かる湯舟のお湯の温度は、40度くらいがベストです。

ゆっくりと浸かって体の内部からじんわりとあたためて行きましょう。

長湯は体力を消耗してしまうので10分~15分ほどで切り上げます。

 

 

入浴した後は体内の水分が減っているので充分な水分補給が大切

 

風邪を悪化させないためにも体内の水分量を十分にしておかないと、血液の流れが悪くなります。
コップ一杯の水を飲んでおきましょう~。

 

お風呂上りで汗が引いたら、湯冷めをしないためにも温かい服装をしておきましょう。

 

スポンサーリンク

風邪引き始め悪化させない為に気を付ける事

 

今以上風邪を悪化させないためにもとにかく休息が必要です。

 

とりあえず早く寝る!とにかく安静にする!

 

私たちが休んでいる間に、体の中の免疫細胞たちが一生懸命戦ってくれるので、無理せず安静にすることが一番です。

 

他にも、

・部屋は暖かく、適度な湿度を保つ

・食欲がなくても栄養は採る

・こまめに水分補給をする

・外出時は体を冷やさないように温かい服装をする

 

食べ物は胃に負担をかけない、・お粥・お蕎麦・うどん などを食べるようにしましょう。
脂っこい物や海鮮系など、消化に悪くて負担がかかるようなものは避けます。

食欲があまりない時は、ウィダーインゼリーやコーンポタージュなどが喉を通りやすく、かつ栄養補給できるのでおすすめです。

 

飲み物もこまめに摂ります。
経口補水液やスポーツドリンク、ノンカフェインのものなど。

 

身体の冷えは万病の元とも言いますが、外出時に体を冷やすと一気に調子が悪くなることもあります。

特に、首元・手首・足首は冷やさないように防寒対策をいつも以上にしっかり目にしましょう。

 

まとめ

風邪の引き始めはお風呂に入っても湯冷めに気を付けていれば大丈夫です!
きちんと湯舟に浸って体を温めましょう。
高熱が出ている時は負担がかかるので避けておきます。
しっかりと栄養補給&休息をとることで風邪の悪化を防げることも多いですよ。

>>インフルエンザ予防にはアルコール消毒が使える?

>>家族の中にインフルエンザ感染者がいるときの予防対策は

-健康
-,

Copyright© 猫の手も借りたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.