困った時などに役立つ情報を発信していきます!

猫の手も借りたい

健康 生活

秋でも花粉症は突然に!症状の特徴や原因となる植物は一体何?

投稿日:

花粉症といえば春のイメージが強いですが、実は秋の花粉症に悩まされる方も多いのです。

筆者もその一人で春よりも秋の方が花粉症の症状が辛いです(涙)

しかし今まで秋には何も症状がなかった人でもある日突然くしゃみや鼻水がとまらなくなったりと、突発的に秋の花粉症を発症してしまうケースも多いようです。

秋の花粉症の症状にはどんなものがあるのか?
また原因と考えられる植物はどんなものがあるのか?

調べてみました!

スポンサーリンク

秋でも花粉症は突然出てくる

 

花粉症は春で有名なので、花粉症=春と考えがちですよね。

テレビでもよく春になると今年のスギ花粉の飛散量予測や対策グッズの紹介などをしています。

が、実は1年中なにかしらの花粉が飛んでいるので、秋でも花粉症の人はいます。

アレルギーは何らかのアレルゲンの原因となるものが徐々に体内に蓄積されていくと、ある時突然発症するんだとか。
コップに入った水がとうとう満タンになりドバ――!っと決壊してしまったような感じと考えればわかりやすいですね。

なので、去年まで平気だったのに今年になって突然症状が出てきて困った~(;´Д`)
なんてことは誰にでも起こり得る事。

秋だけではなく、夏や冬にも花粉症の症状で悩まされている方もいます。

 

秋の花粉症、症状の特徴はどんなものがある?

 

秋の花粉症で出てくる症状の特徴といえば、

・鼻水(サラサラしている)
・鼻づまり
・くしゃみ
・目のかゆみ
・目の充血
・咳
・ノドのかゆみ
・肌のかゆみ

など、春の花粉症と同じような症状があげられます。

主に鼻・喉・目の粘膜にアレルギー症状が引き起こされるようです。

中には粘膜の症状以外に、頭痛・イラつき・集中力低下などの症状が出る方も。

秋の花粉症を引き起こすのは主に草系の植物であり、春のスギ花粉と比べると花粉の大きさが小さくて細かいので、喉の症状や目の症状を訴える方が多いようです。

また花粉が気管支に入ると喘息を引き起こす可能性もあるのだとか。怖いですね…。

咳がずっと続いており治りそうにないという方は早めに病院に行ってお医者さんに診てもらいましょう。

 

風邪と花粉症の症状の違いは?

秋になると季節の変わり目でもあるし急に寒くなって体調を崩す人も増えますよね。

風邪と花粉症の症状は似通っているので、自分の症状が風邪なのか?花粉症によるものなのか?
どちらかわからないという方もおられると思います。

(一番いいのはもちろん自己判断せずにお医者さんに診察してもらう事ですが)

風邪と花粉症の違いは「目のかゆみ」があるかどうか?が判断材料の一つとなるようです。

花粉症の特徴的な症状としてこの「かゆみ」を訴える人が多くおり、目の他には耳や頭などの皮膚が痒くなったりする方もいるそうです。

筆者の場合は目のかゆみが酷くなり掻きむしりたい衝動に駆られます。

スポンサーリンク

秋の花粉症を引き起こす植物は何がある

 

秋の花粉所を引き起こす、憎き代表的な植物たちはこちらです。

 

●イネ科

→イネ科の雑草の画像はこちら←

稲といえばお米ですが、その稲だけではなくイネ科の雑草も沢山あって種類が多く3月頃~10月頃までとほぼ一年を通して花粉を飛ばしています!
堤防や河川敷などの川の近くや水辺の近くに生えている事が多いです。

 

●ブタクサ

→ブタクサの画像はこちら←

「ブタクサ」って名前一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
ブタクサはキク科の植物で8月~10月頃に花粉が飛びます。

草丈が結構高くだいたい50センチ~1メートルくらいあるので大きめの雑草。

この植物は道路脇・公園の茂み・河川敷など…どこでも生えていているといっても過言ではないほど。
1877年頃に日本にやってきた外来種だそうですが現在では全国に広がっているようです。生命力が強すぎる。

 

 

●ヨモギ

ヨモギといえば草餅にしたり薬草として使ったりなど、昔から私たちの生活に密着した植物です。
このヨモギもキク科の植物。
同じキク科のブタクサと見た目が似ているので見分けがつきにくいですが良い匂いがする方がヨモギ。
実はこのヨモギも8月~10月頃にかけてブタクサと共に仲良く花粉を飛ばしています。

 

 

●カナムグラ

→カナムグラの画像はこちら←

8月頃~10月頃にかけて花粉を飛ばすアサ科の植物。
つる性の植物で、道端やヤブや茂みなどに他の植物に絡まったり地を這って自生しています。
花粉症の原因となる植物としてはマイナーかもしれませんが、これも繁殖力が非常に強く全国各地で見られます。
ブタクサに比べると街中に生えている事が多くよく見てみると結構いろんなところに生えています!
茎にトゲトゲがあるのが特徴的。

 

 

秋の花粉症の原因となるのは雑草系がほとんど。

特にイネ科やキク科の草花は草丈が低い物が多く花粉も重いので、スギやヒノキなどの木の花粉と比べると花粉飛散距離は短いのだそう。

原因となる植物が生えていそうな場所にはなるべく近づかないようにするなど気を付けておけば、完璧に抑えられるまでいかないかもしれませんが症状は抑えることができるようです。

公園・河川敷・堤防・空き地などはだいたい雑草でボーボーになっていますよね。

会社の行き帰りの間でそういった場所があったり、ジョギングで走っている公園や河川敷にこれらの植物が生えている可能性は大だと思います。

秋なのに花粉症の症状が出ている方は、原因の植物が生えていそうな怪しい場所には近寄らないようにしましょう!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

秋の花粉症の特徴は、飛散する花粉の種類の特徴によって、のどの症状や目の症状を訴える人が多いようです。

原因となる植物は、公園や河川敷などの雑草が沢山生えているところに自生している可能性が大です!

秋の花粉症かもしれない…と思われる方は、原因の植物が生えていそうな場所は避けるようにしておきましょう。

>>梅雨でも、くしゃみ鼻水の鼻炎の症状が出る!?

スポンサーリンク

-健康, 生活
-,

Copyright© 猫の手も借りたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.